リフォームや快適暖房器具で家庭環境改善|室内環境チェンジ

住宅

暖房器具の取り付け

住宅



このような効果を得るのに、非常に効果的になるのが「床暖房」になります。
床暖房とはその名の通り、床下に設置する暖房器具になっており、これを住宅に取り付けることで、上記で紹介した効果を存分に得ることが出来ます。
また、床暖房にはほかにもさまざまな魅力的な効果があり、これをきちんと把握することで、より良く床暖房の活用を行うことが出来ます。
床暖房は一見、住宅に取り入れるのが難しいのでは、というイメージを受けますが、リフォームなどを行う際に業者に依頼することで気軽に取り入れることが出来ます。
そこで、このサイトでは床暖房の種類別に見た特徴や魅力、これらが持つ効果などについてご紹介します。

リフォームの際に自宅に取り入れることで、さまざまな効果を得ることが出来る床暖房ですが、これは大きく二つの種類に分けることが出来ます。
それは「温水式床暖房」と「電気式床暖房」の二つであり、これらはそれぞれで異なる特徴を持っています。

温水式床暖房の場合、ボイラーなどを使用することで水を温め温水をつくり、この温水を床下に流すことで室内を温かくすることが出来る仕組みになっています。
ボイラーの種類にもさまざまなものがあり、これにはガス式や石油式などがあり、これらが一般的に使用されています。

電気式床暖房の場合はさらに種類が二つに分かれており、それは蓄熱式と非蓄熱式になります。
蓄熱式の場合は直にコンクリートや蓄熱材に熱を伝えることで、それをきちんと蓄え、夜間に電気を使用し蓄えることで、これを昼間に放熱し、室内を温めることが出来る仕組みになっています。
非蓄熱式の場合は使用する際に通電する仕組みになっており、ヒーターを使用したタイプとカーボン素子を使用したタイプがあります。

温水式床暖房の魅力として挙げることが出来る点は、面積の広い部屋に使用する際に適している、というものになり、この場合の設置費用も安くで抑えることが出来る、というものになります。
また使用することでのコストも比較的安くなっているため、より効率的に使用することが出来ます。

電気式床暖房の魅力として挙げることが出来る点は、夜間の電力を使用するためコスト削減に効果を発揮し、さらに放熱時間も長くなっているため一定の温かさを保つことが出来ます。
さらに定期的なメンテナンスを行うことが不要になっており、小さな部屋にも気軽に取り付けを行うことが出来る、というものになります。

このような種類別の特徴や、魅力を把握することで、より自分の住宅に合った床暖房を取り付けることが出来ます。

リフォームの際に床暖房を取り入れることに注目が集まっているのは、床暖房が持つ数多くのメリットが大きく関係しています。
このメリットは住環境をより良いものにするだけでなく、人々の健康面などにもより良い効果を発揮するものになっているため、住宅に取り入れることで、より快適な毎日を送ることが出来ます。

■メリット1:陽だまりのような温かさを得ることが出来る
床暖房による温かさは、遠赤外線を使用した「ふく射熱」となっており、これが壁や天井に反射して人々に伝わることで部屋全体をより効果的に温めることが出来ます。
またふく射熱以外にも、床から直接的に伝わる伝導熱により、頭寒足熱の効果までも得ることができ、より快適な環境を得ることが出来ます。

■メリット2:乾燥を防ぐことが出来る
暖房器具を使用する場合、温風などの影響で皮膚の水分が奪われてしまい、乾燥してしまうことがあります。
しかし暖房器具の中でも、床暖房は温風を起こすことがないため、皮膚の水分を奪うことがなく、しっかりと乾燥を防ぐことが出来ます。
乾燥は肌の状態を悪化させてしまうことがある要因になるため、肌の乾燥に敏感な女性には非常に嬉しい効果の一つになります。

■メリット3:空気をきれいな状態で保つことが出来る
ストーブなどの暖房器具のように、なにかを燃焼させるものがないため、空気を常にきれいな状態で保つことが出来ます。
そのため、小さな子どもやお年寄りと一緒に生活をしている家庭でも、安心して使用することができ、より居心地の良い環境を得ることが出来ます。

■メリット4:音をたてないため、睡眠をぐっすりととることが出来る
床暖房は床下に設置する暖房器具になっているため、本体が露出することがありません。
そのため、起動音などがそのまま聞こえてくることもなく、また床下に設置しているため、室内で邪魔になることもなく利用することが出来ます。
またこれは人々の睡眠を妨げない、という効果もあり、さらに床暖房を使用することで室温を一定に保つことが出来るため、より快適な眠りにつくことが出来ます。

床暖房のメリットとしても取り上げられる、「ふく射熱」と「頭寒足熱」は、床暖房の重要なポイントの一つでもあります。
これらがあることにより、住環境をより良いものにすることができ、住環境だけでなく、さまざまなものに良い効果を得ることが出来ます。

床暖房がもたらす効果に大きく影響している要素の一つが「ふく射熱」になりますが、これは「対流」、「伝導」、「ふく射」の三つの伝わり方で成り立っています。
対流の場合は熱を持った空気が軽くなることで上に昇り、これが熱がなくなり冷えてくると下に沈んでいく、という仕組みになっており、これにより空気の対流をスムーズに行うことが出来ます。
伝導は物体の内部に熱が伝わる、という仕組みになっており、これにより身体の芯まで温まることが出来ます。
ふく射は温度のある物体から出ている赤外線により温めることが出来る仕組みになっており、これにより室内全体を均一に温めることが出来ます。

そしてもう一つ重要になる要因が「頭寒足熱」になります。
頭寒足熱とはその名の通り、足元を温め、頭上を冷やすことで脳の活性化をより効率良く行うことが出来るものになり、これは床暖房を使用することで得ることが出来ます。
そのため、子どもの勉強部屋などに床暖房を取り入れることで、子どもの勉強効率をさらに向上させることが出来ます。

このようなポイントをより存分に活かすことが出来るようにするためにも、リフォームの際などに積極的に床暖房の取り付けを行うことをお勧めします。