リフォームや快適暖房器具で家庭環境改善|室内環境チェンジ

住宅

バリアフリーの住宅

家

リフォームをする人が増えてきています。リフォームは時代と共にそのカタチが変化していきます。例えば、今までであれば住宅の老築化が原因でリフォームをしていました。その時期は新築から10年から20年ぐらいが一般的にリフォームをする時期と言われています。 ただ、一部例外があります。それは1981年6月に改正された建築基準法によって耐震性の基準がより厳しい新基準になったことで、それ以前の住宅はリフォームをするよりも新たに建て替えをする人も多かったようです。つまり、リフォームをするにしても、躯体自体が大きな地震に耐えることができないため、建て替えることを選んだ人も多かったのです。もちろん最近は耐震リフォームというものもありますので建て替えをする必要はないとも言えますが。

ここ数年注目されているのがバリアフリーの考え方です。バリアフリーとは高齢者になった時にそこに住む上で生涯となるものを取り除くことです。ちょっとした段差が高齢者にとっては命取りだからです。そこでバリアフリーのリフォームをする住宅が増えてきています。バリアフリーにする住宅の特徴は、幼稚園や小学校に通っている子供たちを持つ夫婦が30代から40代に住宅を購入したけども、20年もするうちに子供たちが巣立ってしまい、今は夫婦二人しか住んでいない場合などはその対象になります。 また、部分的にリフォームするという住宅も増えています。よくあるのが壁紙のだけを新しく変更する場合だったり間取りを変更して壁を取り払うタイプなどです。